ビジョンスクリーナーによる視力スクリーニング検査を始めました。
屈折異常(近視・遠視・乱視)や斜視を早期に発見し、弱視になるのを予防します。

視力の発達と弱視

私たちの視力は、生後両眼でものをとらえ、正確に“視る”ことで徐々に発達していきます。しかし、視力が発達する期間(視覚感受性期:乳幼児期)に、屈折異常(近視・遠視・乱視)や斜視などの問題があり、正常な視覚刺激が入ってこない場合、視力が正常に発達しません。これを弱視といいます。片方の目がよく見えている場合、もう片方の眼の屈折異常があっても普段の生活では気付きにくいことがあります。また斜視が見逃されている例があり、ある一定の年齢になるまでに気づかないと、そちらの目は弱視になり、一生回復しませんし、眼鏡等で矯正しても十分な視力が得られません。
ですから、弱視にならないように、弱視となる屈折異常や斜視を視覚感受性期の間に発見し、適切に治療することがとても大切です。早期に発見し、適切な眼鏡をかけるなどして、正常な視覚刺激を入れることで視力の発達を促す必要があります。

異常の早期発見

伊丹市3歳児健診ではランドルト環によるスクリーニングがおこなわれます。一部切れた輪(右図)を見せて、どちらの方向が切れているか片目ずつ答えさせる検査です。この検査方法は、お子さんによって結果評価が困難な場合があります。また、もっと早期に発見できることにこしたことはありません。

ランドルト環

ランドルト環

ビジョンスクリーナー

小さいお子さんでも正確かつ簡単かつ屈折異常や斜視をスクリーニングするために開発されたのが、「ビジョンスクリーナー」です。
詳細は以下のホームページを参照ください。

詳しくはこちら

ビジョンスクリーナーによる検査は、おおむね生後6か月から施行可能です。状況により、診察室を若干暗くする(照明を消す)必要があることもございますが、カメラで写真を撮られるような感覚で施行でき、検査自体は数秒で終了します。眼球に接触するなどの操作は一切ありませんので、検査に伴う痛みや苦痛も全くありません。
この検査はあくまでスクリーニングです。“異常なし”という結果が出た場合、まず安心していただいていいですが、3歳健診のランドルト環による検査は必ず実施してください。
また、“異常のある可能性あり”という結果が出た場合は、眼科専門医を受診していただくようお願いいたします。

お申込み

  • 10か月健診などの乳児健診の際にご希望があればお申し出ください。
    ただし、別途500円のご負担をいただきます。
  • 乳児健診以外でご希望の場合は、木曜日の12時より予約制で実施いたします。
    受付でお申し込みください。当日一般診療の混雑具合によって多少お待ちいただくことがあります。
    ご了承ください。
  • 原則上記時間帯以外の検査は実施しませんが、待合室が空いているときなどは検査希望の旨をスタッフにお伝えください。状況によってお受けします。